スポンサードリンク

2006年04月14日

池袋のヤマダ電機ラビの説明

ここではヤマダ電機さんの説明をしていきたいと思います。
池袋のヤマダ電機LABI日本総本店のご紹介です。
もともとは某有名百貨店のビルだったんですが、そこを改装してできたのがヤマダ電機です。
LABI1日本総本店池袋
〒 170-0013 東京都豊島区東池袋1-5-7 (池袋駅 東口正面)
03-5958-7770 (代表) 営業時間 10:00〜22:00
フロアガイド
B2階から7階まであり、さらにその屋上ではフットサルも楽しめます。
某有名百貨店というのは三越池袋のことであり、その跡地に出店するもので、ヤマダ電機の都市型店舗のストアブランドであるLABIとして出店をすることになる。
ヤマダ電機としては最大規模の店舗面積になるものであり、地下2階から地上6階までの売り場面積23,000平方m(約7,000坪)である。
従来の家電量販店では考えられないようなフロア構成もあり、まず店舗内に飲食店が入っており、買い物客がそこでゆっくりと食事を楽しむことができる。
今の家電量販店は商品点数も多いことから長時間滞在もできるため、飲食店のスペースは休憩所も兼ねて貴重な場所となるだろう。
また屋上のフットサルも都心のビルという建物を利用した最近ではよく見られるようになってきた使い方のひとつであり、これも若者たちを集客するのに一役買うことにもなるだろう。
もともと池袋の東口目の前という好立地であるため、立地的な集客は問題ないと思われるが、周辺にはビックカメラなどの競合店も昔から存在しているため、それとどのように共存もしくは戦っていくのかが今後楽しみである。
池袋という立地は駅の東口側に昔から家電量販店が数多く存在するが、今後はヤマダ電機とビックカメラの2強として存在していくことは間違いないだろう。

スポンサードリンク

posted by andy at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマダ電機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。